◆運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

埼玉観光株式会社は、旅客自動車運送事業にとって最も重要な「輸送の安全」を確保する

ため、法令遵守のもと絶えず輸送の安全性の向上に努め、使命と責任を自覚し社会に貢献してまいります。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

  (1) 輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、輸送の安全確保を最優先に

     考え行動いたします。

  (2) 安全に関する意見や提案に対して真摯に耳を傾けるとともに、社員に対し輸送の安全

               確保が最も重要であるという意識を徹底させます。

        (3) 輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認、改善を確実に実施し安全対策を継続的

      に見直します。

     (4 )全社員が関係法令や社内規定を理解するとともにこれを遵守いたします。

     (5) 輸送の安全に関する情報については積極的に公表いたします。

ダウンロード
安全基本指針.pdf
PDFファイル 94.7 KB

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

  平成29年度目標

  (1) 重大事故   0件  次年度達成状況公表

  (2) 有責人身事故 0件  次年度達成状況公表

  (3) 物損事故   0件  次年度達成状況公表

  (4) 交通法令違反 0件  次年度達成状況公表

ダウンロード
平成29年度安全目標.pdf
PDFファイル 71.8 KB

3.自動車事故報告規則第二条に規定する事故に関する統計

  平成29年度目標

    人身事故   0件  次年度達成状況公表

    物損事故   0件  次年度達成状況公表

    車両故障   0件  次年度達成状況公表


4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮管理体制

別紙のとおり

 


5.運輸の安全に関する重点施策

  (1) 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に

      定められた事項を遵守すること。(社長が自ら先頭に立って現場の状況を踏まえつつ、

               社員に対し安全最優先の意識を徹底させる。)

  (2) 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行う様努めること。(全車両に

              ドライブレコーダーを装着しヒヤリハットや事故等の映像記録をすることにより、交通事故

              抑止と削減を図る。またアルコール検知器を増強し始業点呼、中間点呼、終業点呼に

     用いる。)  

  (3) 輸送の安全に関する内部監査を行い必要な是正処置又は予防処置を講じること。

              (平成29年12月実施予定 管理すべき書類を見直す。)

  (4) 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有する

               こと。

         (点呼や教育指導及び乗務員会議時に安全に関する情報を伝達・共有する。また、ドライブ

              レコーダーの情報を活用)

  (5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施する

               こと。

      (平成29年乗務員教育年間計画予定及び実施表に基づき行う。その他、安全講習会への参加、

    タイヤチェーン脱着訓練)

  (6) 輸送の安全性を図るため関係機関、関係企業との連携を図ること。

  (7) 運送の安全確保を高めるため、健康診断の実施、インフルエンザ予防接種を行う。また、

               適性診断の結果をもとに乗務員への助言・始動を実施する。

  (8) 輸送の安全確保を高めるため、過労防止策を講じる。(労働時間等の改善のための基準遵守

               及び運転者の十分な確保。)


6.輸送の安全に関する計画

  (1) 年間教育指導計画に基づき、重点指導項目を乗務員に指導教育を実施する。

  (2) デジタルタコメーター及びドライブレコーダーの記録を活用し、安全な運行の管理、

               エコドライブ指導、労務管理等の徹底を図り安全運転に役立たせる。

    また、ヒヤリハット体験を収集し、事故防止について教育に活用する。

  (3) 運転者を補助し、安全性を向上するための装備を積極的に導入する。

  (4) 乗務員がより安全運行に専念できるよう、職場の環境を整備する。

  (5) 管理職、事務職を含め国土交通省認定セミナー及び講習会等に積極的に参加し輸送の

            安全知識を深める。

ダウンロード
平成29年度輸送の安全に関する計画.pdf
PDFファイル 94.8 KB

7.運送の安全に関する予算

  (1) 教育研修予算(社内研修・外部研修参加費 等)

  (2) 安全運航に必要な機器(デジタルタコメーター/労務管理型/エコドライブ管理型/

              ドライブレコーダー/事務所転送型 等)

  (3) 乗務員管理に関する予算(健康診断・適性診断 等)  総額 250万円


8.事故、災害時、緊急時、異常(事件)発生時の報告連絡体制

  別紙  事故災害時における緊急連絡体制のフロー

  別紙  異常(事件)発生時における緊急連絡体制のフロー

 

  


9.安全管理規定

  道路運送法第22条の2第1項及び旅客自動車運送事業運輸規則第47条の3規定に

  基づき、国土交通省関東運輸局埼玉陸運支局へ届出済み。


10.安全統括管理者に係る情報

  代表取締役


11.行政処分・事故に係る情報

  次年度公表